CONTACT

商品予算計画の実践編②/予算計画編

過去の分析から、未来を描く

季節指標を算出する

前回の「商品予算計画の実践編①/分析編」によって、商品回転率や粗利率(売上高総利益率)がわかりました。

過去の売上高実績と、これらを使って季節指数を出していきます。

季節指数の出し方は「売上高予算を考える/移動平均法と月別平均法」の月別平均法をご確認ください。

各種予算の算出

季節指数がわかったら、次に各種予算の算出を行います。ここでは、目標売上高を前年比の110%で設定しています。

各種予算の算出方法は、以下をご確認ください。

売上高予算を考える/移動平均法と月別平均法

在庫高予算を考える/基準在庫法、百分率変異法

仕入高予算を考える

経営指標(KPI)を算出

各種予算が算出できたら、固変分解し各種経営指標を算出します。

算出の仕方は、以下をご確認ください。

商品予算計画を考える/商品回転率

商品予算計画を考える/在庫回転率

商品予算計画を考える/GMROI

固変分解し損益分岐点売上高を知る

このとき、12月の貢献利益がマイナスになっていることに気が付きます。

これは12月にクリスマス商戦があり、目標売上高が他の月よりも高く、目標の在庫高予算と粗利益率を維持するために、他の月よりも仕入を多く行わなければいけないため、このようなことが起きています。

他にも6月の利益が他の月と比較して低くなっています。

なので12月に向けて10月や11月の仕入高を少し引き上げるなど調整し、再度予算を組みなおしていくとよいでしょう。

皆さんも一度、このように予算を組んでみてはいかがでしょうか。