CONTACT

ORGANA MIND

オルガナが大切にしていること

「お客様の望む未来の実現に対して
誠実に取り組みます」

オルガナは、未来に対して誠実に向き合い、人に対して親しみと優しさを持つ人、そうあろうとする人です。

personality and promise

こちらから手を放さない姿勢

何があっても自分から子供の手を離さない親のようなあり方です。そのために、自分との約束を守ります。自分との約束を守れば相手との約束は自ずと守ることになります。約束を守るために、知恵を持ち寄り、課題と真摯に向き合い、取り組みます。他者の力を借りることができれば不可能は可能となります。

未来を共に築く姿勢

共に考え、共につくり、その達成の喜びを分かち合う同志のようなあり方です。そのために、その行動が自分や相手の未来を築く結果に結びつくのかを常に考えます。時には柔軟性を大切にし、相手の成功が自分の成功となるよう「win to win」に拘わります。どちらかが「lose」となる行動を私たちは望みません。

理解しあおうとする姿勢

既存の価値観にとらわれず、多様性を受け入れる良き理解者のようなあり方です。そのために、見えない価値を知ろうとします。価値はその時、その場所、その人で異なります。価値を知るために、常に新鮮な視点と聴く耳を持ち、余白を意識します。相手を受け入れたとき、相手も自分を受け入れています。

Logo

ロゴマークの楕円は、二人が手をつないでいる様子を上から眺めた姿を現しています。
その二人とは、「オルガナとクライアント」であり、
「お客様と担当者」「上司と部下」「自分と仲間」「親と子」など大切な人との関係を表しています。
手をつなぐことは、お互いが支援し、励まし、尊敬し、信頼し合っていることを意味しています。

社名の由来

一人ひとりが頼られる存在に。
「あんたが、おるがな」

「あんたが、おるがな」

オルガナという社名は、妻の何気ない「あんたが、おるがな」という一言から決定しました。

とある顧客について話していたときの会話だったと思います。

その顧客の課題に対して「どうしたらええんやろなー?」って話してたときに、妻が「なに言うてんの。あんたがおるがな。なんとかできるやろ。」と。

「(良いこと言うなー)」と思ったのがきっかけです。

 それだけだとダジャレで終わってしまうので、Organize(組織する、計画準備する、体系づける、まとめる、結成する)の意味も含ませORGANAとしました。