CONTACT

EC通販ビジネスの始め方/ECカートの選定

ECサイトを作りたいけど、どうやって作るのか?

ECサイトを作りたいけど、どうやって作るのか?

「ECサイトを作りたいけど、どうやって作るのか?」

サイトオープンまでの流れは、以下のように進めます。

通常の場合、「要件定義」部分のストアコンセプトや、各種計画については、事業者側で作成されており、それに基づいて『EC構築の発注』となります。

とはいえ、何から始めたらよいかわからない事業者の方には、当社では中小企業診断士がコンサルティングを行い、各種計画を作っていきます。

要件定義の各種計画については、以下を参考にしてください。

『EC構築』は、制作パートとなり、ECサイトの店舗を作っていきます。この部分に関しては多くの場合、制作会社へ発注を行ってもらう部分となります。

『商品登録』は、商品を棚に並べる作業となります。インストアプロモーションでも触れたとおり、どういった戦略で客単価と購入率の最大化を目指すのか?が重要となります。この部分は、通常の場合事業者側で登録いただきます。

最後に『運用』です。ECサイトを作れば売れるということではなく、ECサイトにも店長が必要です。日々分析を行い、戦略を考え、お客様にどのように価値を届けるのかを考えていきます。

ECカートシステムのポジションマップ

ECカートの選定においては、世の中にたくさんのECカートサービスが存在しており、迷ってしまいます。

以下がECカートのポジショニングマップです。

縦軸に「年商」をとります。そこで皆さんがどれくらいのEC事業を始めたいのかということが重要となります。

多くの場合、法人の方であれば年商1,000万円~1億円を狙うところから始めるのではないでしょうか?

当社がお勧めするのは、MakeshopというECカートです。

クラウド型ASP”の分類と比較

それぞれのECカートには特徴があります。その特徴を表で取りまとめました。

低価格クラウド型ASP
(小規模向け)
中価格クラウド型ASP
(中大規模向け)
ハイブリット
サービス例 base.png make.png shopify.png
対象者リテラシーと規模 リテラシー:低い
個人商店、小規模
リテラシー:少しある
法人、中規模
リテラシー:高い
資金が潤沢 or 大規模
ECカートの機能追加 カート事業者が定期的にアップデート
完全ASP
カート事業者が定期的にアップデート
完全ASP
都度有償でベンダーに依頼
ASPとスクラッチ併用
月額利用料 0~3千円程度 1~3万円程度 15万円程度
(その他、ベンダーの保守や更新、機能拡充など別途)
初期費用
(ECサイト構築)
外部委託30万円程度
自社実施は0円
外部委託100万円程度
自社実施は0円
外部委託300万円程度
自社実施は0円
特徴メリット とにかく手早く簡単に安くECサイトしたい 本格的に国内向けECを運営したい 自社でリソースを持ち自分たちで構築改修したい

BASE/STORES

BASEやSTORESといったECカートは個人事業主の方など比較的小規模でサービスを開始したいというニーズに応えることができます。

マニュアルに沿えば、自分たちで構築することもできるので、とにかく手早く簡単に安くECサイトしたいという方向けのサービスと理解しています。

MakeShop

MakeShopは、本格的に国内向けECを運営したいという方に、向いているサービスです。

完全ASP型(参考:総務省「ASPとはSaaS」)のサービスとなっているので、保守やメンテナンスの業務が無く、運用コストも比較的安価に進められます。

当社のクライアントで、MakeShopの店舗を持ち、年商10億以上を挙げているクライアントもいます。

ec-Being/Shopify

ec-Being/Shopifyは、自社でリソースを持ち自分たちで構築改修したいといった、比較的大規模な企業向けのサービスです。

初期構築や運用コストも多くかかってくるので、すでに売上実績があり、ステージアップの選択肢として考えるのが良いと考えています。

当社はMakeshop社のパートナー企業です

このように、ECサイトを始めるといっても、新しく1店舗を作るのと同じ労力がかかります。

ご相談の際は、Makeshopのたくさんの実績と経験を持っている株式会社オルガナにお問合せください。