ORGANA

ORGANAの自己紹介

2020.04.08

合同会社オルガナ(ORGANA)といいます。

オルガナという社名は、妻の何気ない「あんたがおるがな」という一言から決定しました。とある顧客について話していたときの会話だったと思います。その顧客の課題に対して「どうしたらええんやろなー?」って話してたときに、妻が「なに言うてんの。あんたがおるがな。なんとかできるやろ。」と。「(ええこと言うなー)」と思ったのがきっかけです。

 

それだけだとダジャレで終わってしまうので、Organize(組織する、計画準備する、体系づける、まとめる、結成する)の意味も含ませORGANAとしました。

 

また「合同会社」とあまり聞き慣れないかもしれませんが、”合同”といっても複数人の出資者が合同で経営を行っているわけではありません。合同会社とは「会社の所有者(出資者)=会社の経営者」であり、柔軟な経営を行いやすい点が特徴の法人となります。

 

デジタルマーケティングが強みの中小企業診断士事務所です。

私は、理系大学卒業後、東京のとあるSIerに就職し、業務システム開発や、販売管理システムの受託開発などに携わりました。その後、大阪のセールスプロモーションの企画・運営会社に転職し、WEBディレクターとしてデジタルマーケティング業界に足を踏み入れます。さらに転職をし、大手総合代理店でWEBプロデューサーとしての経験や、大手ナショナルクライアントへのデータの活用支援を中心としたコンサルティングを行ってきました。

 

この経験をさらに活かすべく、経営視点から物事を考え課題解決力を高めるために「中小企業診断士」と、データに基づいた正しい意思決定が導けるように「統計士」を取得しました。

 

ORGANAは、これまで培った「デジタルマーケティングの知識」と、中小企業診断士として「経営視点」を両立させ、目に見えているだけの問題にフォーカスするだけでなく、その奥に隠れている真因を追求し、ときに相談役として、ときにベンダーとして、顧客に応じたソリューションを提供していきます。

 

「一人ひとりの関係性と顧客に合わせた柔軟な対応」を重要視しています。

私は様々な顧客の課題に対応できるよう日々精進しております。とはいえ”私でなければ解決できない”ことは何一つありません。

それでもORGANAにお願いしたいと言ってもらいたいなと。

だからこそ、「人」や「縁」を大切にしながら、顧客が抱えるその企業ならではの独自課題に真正面から向き合うことが重要だと考えています。

 

ロゴマークに込めた思いこそが「ORGANAがおるがな」

ロゴマークは、真ん中でトーンを分けることで、オルガナと顧客が両手を繋いでいる様子を上から眺めた時の姿にを表したものです。

 

 

合同会社オルガナは「ORGANAがおるがな、おってよかったわ。」と手を繋いで喜んでもらえるようにこれからも精進いたします。