CONTACT

コロナの影響を受け、これまでの集客方法が機能しなくなった事例

建設業のH様

Problem

新たな集客方法を確立する必要

新築の見学会を実施することで、新たな顧客との接点を設けてきた。

しかし、コロナの影響で見学会への足が遠のき、これまでと同じように集客ができない。

WEB広告をベースに集客してみるものの、うまく集客ができていない。

新たな集客方法を確立する必要がある。

Solution

診断士3名+ライターの体制で、事業コンセプトの明確化から行った。

これまでは、ターゲットを絞らず、どんなお客様にどんな価値を提供するのか明確にしていなかった。

バランススコアカードを用いた戦略立案を実施することで、マーケティング以外についても課題を明確にした。

その上で体的なアクションプランを策定した

Result

ペルソナを設定し、我々の強みを明確に訴求

ターゲットを絞らず間口を広げることが良いと考えていたが、ペルソナを設定することで、我々の強みを明確に訴求することができた。

夫婦で接客することが、お客様に安心感を与え、満足度を高めていた「強み」であることに気づいた。

しかし、逆に事業がスケールしにくい「弱み」であることも認識した。

課題はたくさんあるが、優先順位を決め、実行支援のもと一つずつ解決に向かっている

当社の関わり方

当初、WEBコンサルの企業が、WEB集客の観点においてのみH様をご支援されていました。

しかし、H様の真因はWEBにあるわけではなく、小商圏内で、自社の露出を増やしユーザーへの浸透を図ることが必要でした。

露出のために、誰にどんなメッセージを届けるのか?

自分たちにはどんな特徴があり、お客様にどんな価値を提供することができるのか?

ここについて徹底的に議論をし、想いを文書化することで、明確な訴求内容を見出しました。

また、プロモーションの観点だけではなく、今後の戦略においても検討がおよび、今後起こりえる問題に備え、課題を設定し、優先順位を決め、改善活動を続けています。