CONTACT

MakeShopにGA4を導入する方法

MakeshopのデータをGA4で計測する

アクセス解析用のタグの設定

Makeshopでは、外部のアクセス解析サービスのタグを、ショップの全ページに設置することができます。

外部のアクセス解析サービスなどをご利用される場合に設置が必要なタグをここで設定できます。

また、Google Analytics(GA4)では【G-】から始まる「測定ID」、Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)では【UA-】から始まる「ウェブプロパティID」を入力することで、各ツールでのeコマースサイト機能を含めて設定されます。

Google Analytics (GA4) の設定 eコマース対応

1.Google Analytics(GA4)で発行される「測定ID」を入れてください。

測定IDの確認方法

1.マーケティング プラットフォームにログインして左下の管理のページに移動します。

2.[アカウント] 列のプルダウン メニューからアカウントを選択します。

3.Googleアナリティクス4プロパティを作成後、[プロパティ] 列のプルダウン メニューからプロパティを選択します。

4.[データストリーム]をクリックします。

5.[すべて]の中のURLをクリックします。【G-XXXXXXXXXX】が測定IDです。

「Google アナリティクス 4 に切り替える方法」はこちらから

2.ショップのWebページに設置されるタグの形式のサンプルを表示します。

注意点

  • すでに『アクセス解析タグの入力(head/bodyタグ用)』へGTMタグを設定してAnalyticsやその他外部ツールの計測をおこなっている場合、『Google Analytics(GA4)の設定 eコマース対応』を利用することによりdataLayerに影響を及ぼす可能性があります。
    同じdataLayerの配列名が存在することで、GA4と重複計測される可能性があります。重複計測を避ける場合は、GTMタグ内に記載されたdataLayerの配列名を変更してご対応ください。
  • 『アクセス解析タグの入力(head/bodyタグ用)』へGoogleタグマネージャー(GTM)のタグを挿入、もしくはGA4のタグを設定してすでにGA4に対応されているショップ様は、MakeShopの機能をご利用いただかず、そのままの設定でもご利用可能です。
  • この機能は『Google Analytics(ユニバーサルアナリティクス)の設定eコマース対応』との併用が可能ですが、Googleのサポート終了に合わせてユニバーサル アナリティクス関連の設定項目は廃止される予定です。
  • eコマース機能を使うには、Google Analytics側の設定も必要です。
    「測定ID」の設定 およびAnalytics上で必要な設定をおこなうことで様々なデータの測定が可能です。
    コンバージョンの測定などについてはよくある質問(FAQ)をご参考ください。
  • 拡張計測機能がすべて有効になっていると、ページビュー数・サイト内検索などの計測が自動でおこなわれ、GA4上で確認が可能となります。

アクセス解析用のスクリプトファイル/タグの設定

  1. 外部スクリプトファイル(jsファイル)を使用する場合は「アクセス解析用のスクリプトファイルの登録」よりファイルをアップロードしてください。
    ※登録したjsファイルを実行するには「ファイルURL」に表示されるURLのファイルを別途読み込む必要があります。
  2. 「アクセス解析タグの入力(headタグ用)」にタグを入力してください。
  3. 「アクセス解析タグの入力(bodyタグ用)」にタグを入力してください。
    ※それぞれ入力できる最大文字数は半角12,000文字です。
    ※1で登録したjsファイルを読み込む場合は、以下のように記述してください。
    <script type="text/javascript" src="「ファイルURL」に表示されるURL"></script>
    ※決済画面では外部ファイルが読み込めませんので、決済画面でも実行したいjsはこちらに記述してください。
    (jsについては動作保証・サポート対象外となります)
    ※スマートフォンログインページには反映されません。
  4. 利用可能な変数が参照できます。

設定を保存

上記の設定を変更する際は、必ず「保存」ボタンをクリックして反映してください。

参照:MakeShopオンラインマニュアル「アクセス解析用のタグの設定