CONTACT

ペルソナを考える

たった1人を意識することが大切

ターゲットとペルソナの違い

ターゲットとは、主に年齢や性別、属性など大枠で顧客をグルーピングしたものであり、ターゲットマーケティングで触れたように設定します。

ペルソナとは、属性だけのターゲットではなく、趣味や嗜好、行動パターンまで設定したものであり、より具体的な人物像です。

例えば、ターゲットを「20代子育て世代ママ」と設定した場合に、「世帯年収2,000万以上で芦屋に住み、キラキラした世界が好きなママ」「世帯年収600万で地方に住み、田舎暮らしを満喫するママ」ではアプローチが変わってきます。

このようにペルソナを設定することで、お客様に合わせたアプローチが考えられるようになります。また、具体的な知り合いやお客様をイメージすることで主観を排除でき、ユーザー視点で議論や意思決定ができるようになるのです。

例)世帯年収2,000万以上で芦屋に住み、キラキラした世界が好きなママ

例)世帯年収600万で地方に住み、田舎暮らしを満喫するママ

このように、多くの人に対して訴求するのではなく、たった1人を意識することが大切です。

そうすれば、より具体的なアプローチが可能となります。

あなたのサービスのファンになって欲しいお客様とはどんな人でしょうか?

一度考えてみてはいかがでしょうか?